スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンクト・トーマス(St.Thomas am Blasenstein)①

070411-1



リンツの東に位置するザンクト・トーマス(St.Thomas am Blasenstein)まで家彼両親宅滞在中にふらりと車で出かけてきました。
小さ~な村です。写真は村の中心の岩山の上にある教会。


070411-2



上の写真は教会付属の墓地。


070411-4




070411-3



この教会の見所、それはミイラ!!
上の写真の突き当たりの右側に小部屋があって、そこに展示されています。

このミイラはルフトグセルヒテ・プファラー(der Luftg'selchte Pfarrer)と呼ばれているのですが、日本語に訳すと「空気で燻された司祭」とでもいうか。
(geselchtはselchenの過去分詞=スタンダードドイツ語のrauchern[aはウムラウト]、意味:燻製にする)
燻製と聞いて想像するのはハムとかではないですか?
神聖なミイラ様のはずなのに、何だか変な名前です。

実は写真も撮ってきてしまったのですが(!)、グロいので、載せるのは止めときました…。
スポンサーサイト

テーマ : オーストリア・ウィーン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mararin

Author:mararin
何気ない日常のウィーンの風景をお届けします。

更新はかなり気まぐれですが、コメント残していただけたら嬉しいです。


©mararin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。