FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクター・カール・ルエーガー広場

Dr. K. Lueger1


何だか寒そうな写真が続いているので、少しは青空の、暖かそうな写真を。
これは11月の上旬に撮ったものです。

ドクター・カール・ルエーガー広場に立つ彼の銅像です。
ウィーンに住んでいる方はもちろん、遊びに来た事がある方も、
彼の名前を一度は聞いているのでは?
リンクシュトラーセの名前にもなっている有名な人物です。

リンクシュトラーセ、ご存知の通り各部分ごとにちゃんと名前がつけられています。

↓面倒な方、ここからしばし飛ばして読んでください…。
U2の終・始駅であるショッテンリンクから反時計回りに、證券取引所の前を走るショッテンリンク(Schottenring)、ウィーン大学や市庁舎前を走るドクター・カール・ルエーガーリンク(Dr.-K.-Lueger-Ring)、国会議事堂前を走るドクター・カール・レンナーリンク(Dr.-K.-Renner-Ring)、自然史・美術史の両美術館前を走るブルクリンク(Burgring)、オペラ座前を走るオーパンリンク(Opernring)、さらにケルントナーリンク(Kaerntner Ring)、シューベルトリンク(Schubertring)、パークリンク(Parkring)、シュトゥーベンリンク(Stubenring)、ドナウ運河に沿ったフランツ・ヨーゼフス・カイ(Franz-Josefs-Kai)の10の部分。

この銅像があるドクター・カール・ルエーガー広場はシュトゥーベンリンクに面しています。
近くには私も良く行く有名なカフェ。フフフ。

下の写真は銅像からリンクシュトラーセ側を眺めて。
左側にMAK(オーストリア応用美術博物館)の一部、真中にヒルトンホテルが見えます。

Dr. K. Lueger2


Dr. K. Lueger3彼の名のつく広場に銅像まであって、リンクシュトラーセの名前にもなっているこの人物は何者なのか?

彼はウィーンの非常に人気のあった名市長(市長就任1897年)であります。
時の皇帝フランツ・ヨーゼフと人気を二分していたといいます。
まず銅像にも現れているように堂々たる体躯。ウィーン人が好む美男であったというだけでなく、非常に演説に長けた政治家でした。


ですが、彼に関しては実は良い話だけではありません。

激しいユダヤ人攻撃を行って、市民の間に当時高まりつつあった反ユダヤ主義を選挙戦術として利用しました。
つまりヒトラーの先陣をつけた人物といえます。
市長に当選してからは、彼の口から反ユダヤ主義的発言は聞かれなくなり、
彼にとって反ユダヤ主義は単なる選挙戦術だった、
というのが後の大方の見方となっていますが、選挙戦術…なんて言ったところで、
これはその後の歴史を考えずとも今更許される話ではありません。

しかし、オーストリアでは今も(選挙前は)この時代と実はあまり変っていないのでは…?

ルエーガーの市長の座をめぐる戦いやフランツ・ヨーゼフ皇帝との3年に渡る確執等、この辺に関して詳しく知りたい方、
平田達治『輪舞の都ウィーン―円形都市の歴史と文化』
で読めますよ。

下の写真、雲が面白くて撮りました。

Dr. K. Lueger4

スポンサーサイト

テーマ : オーストリア・ウィーン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mararin

Author:mararin
何気ない日常のウィーンの風景をお届けします。

更新はかなり気まぐれですが、コメント残していただけたら嬉しいです。


©mararin

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。